おまとめローンに救われました。複数借金をする前に・・・。

複数の借入を希望する前にしておきたい事

現在カードローンを利用していても「この限度額じゃ足りない」と思うことがあります。
自分の収入を超えて利用することには賛成できませんが、必ず返済できる範囲で利用し、ある程度の金額の買物などにも使ってる状況であれば、場合によっては足りなくなるという危機感を覚えるかもしれません。

数あるカードローンの中のは、希望すれば増額が可能な会社もありますので、契約時よりも収入が増えた等の要素があれば増額の申込みをする、という方法が妥当と言えます。
しかしながら、ポイントを貯めるという目的等で独自の優待を希望する場合は、別会社のカードローンを契約して使い分けをする方もいます。
そこで注意してほしいことがあります。それは総量規制の問題です。

総量規制によって制限を受けること総量規制とは、かつての高金利時代に返済不能者が増加の一途をたどったことにより制定されたものです。
現在では法改正により消えたグレーゾーン金利という上限金利ギリギリの金利も当たり前に存在し、バブル時代の弊害といえる悪しき慣習でした。
この総量規制は、年間収入の三分の一までしか借入ができないという法律で、無謀な借入を防止する法律して制定されました。
多額の借入をしても、ギャンブルなどで儲けて返済しようとする強者たちには効果がありますが、この法律ができてからは、慎重に計画を立てて借入をすることが求められることになりました。

つまり新しくカードローンを組もうとしても、この総量規制に抵触する額の申込みであれば、申込み自体が無駄になる可能性があるのです。
ローン会社では、より一層収入などの調査に力を入れているため、申込み前には自分の年収と現在の借入総額、さらに限度額をよく把握した上で無駄にならない申込みをしてください。
この総量規制ですが、実は銀行のカードローンは規制の対象外となっています。
使い過ぎてしまう人は利用しない方が良いですが、緊急事態などで大きな借入が必要となった場合には覚えておくといいかもしれません。

総量規制を意識した借入をする総量規制という堅苦しい名前を覚える必要はありませんが、年収に占めるローンの借入額というのは、総量規制においても将来に渡って重要なポイントとなります。
たとえば、収入が安定しない状況下では「借入は、年収の四分の一を超えないようにしよう」という決まり事を作っておけば、安定感があります。
借入を行う際は、年収と借入のバランスを常に意識することが大切です。
年収はあなたの支払能力を示すものであり、借入したお金は必ず返済しなければなりません。
それを常に頭に入れておくことで、計画的に借入をしましょう。

カードローンを使いこなせなかった自分への後悔

30歳男、営業職5年ほど前に初めてカードローンを無人契約機にて申込みをしました。
使い道は、人脈を増やそうと毎晩のように飲みに行っていたら、給料だけではどうしても乗り越えられそうにない月が
あり、あっさりと30万円(年利約16%)借りることができました。

半年程は足りない分を少しだけ借入し、すぐに翌月に返済を済ませるといった使い方をしていましたが、
段々とを最低額の返済のみですまし、全額返済をすましていないうちにまた少し借りるといった、サイクルになっていってしまいました。

そうして1年くらいたった頃、カード会社より連絡があり50万円まで増額できますよと言われ、特に使う予定もありませんでしたが、特に面倒くさい手続きもなかったので言われるがままに増額してもらいました。
その頃くらいから借りているお金にもかかわらず、余裕があるように振る舞い初めて、あっという間に限度額の50万円まで、借りてしまいました。

ここからが地獄のはじまりで、中々お金の工面に困る月も出てきて2社目、3社目と契約してしまいました。
結局4年くらいたった頃には300万円の借金が残っていました。
でもはっきり何に使ったかなんて覚えていません。自分が湯水のようにお金を使っていたことにすごく後悔しました。
複数社に借金があってので全て返済日がバラバラ、延滞すれば利子が膨らみ返済金額は全く減らず。
毎日火が付いたように働いていましたが、その努力は虚しく返済が全然追いつきませんでした。
そこでCMでもやっている借金を一括にするおまとめローンに申し込んでみたのです。

無事に審査に通過し借金を一括にまとめてもらいました。
今は少しずつ返済をしていて、毎日ギリギリの節約生活を送っています。

ローン初心者に知ってもらいたいカードローンの基礎

ローンとはローンとはお金の借り入れのことです。
過度の借り入れはよくありませんし借入はないほうがいいですが、個人であれば車の購入時であったり急な出費がある時であったり借り入れをする場合があります。
事業者や会社法人であれば設備資金や運転資金で必要となったりするし、借入することで事業を拡大したり資金繰りが円滑になったりといい側面も持っています。

しかし、一般的な借り入れは証書貸付と呼ばれる方法で、手続きが面倒であったり、急を要する場合は時間的に間に合わないケースも出てくるといったことが起きています。
特に急を要する場合、必要な時にお金を借りれなければ借りる側も意味がありませんし、貸す側も商機を逸することになります。

そこで登場したのが、手続きが簡単で急な借り入れにも対応できるカードローンです。
カードローンはどのように定着してきたのか、また、どのように利用されてきたのか、理由を見ればわかると思います。
カードローンとはこれまでの借り入れのほとんどは証書貸付でした。
事業者が借り入れをしたり個人で車のローンを組んだりする時に利用されます。

証書貸付は借入の都度審査があり手続きをしなければなりません。
事業資金や車のローンみたいにまとまった金額や事前に計画がある場合は証書貸付でもいいと思います。
しかし、急な出費や少額の借り入れの時には手間と時間を考えると、向いているとは言えません。
カードローンはそんな急な借り入れや少額な借り入れをする時に便利なものです。
証書貸付と同様に当然審査はあります。

証書貸付と違うのは、一度審査をして契約が成立すると、借入枠内であれば何度度でも利用できるということです。余程支払状況が悪くなければ、契約を切られることはありません。
返済は毎月決まった日に決まった額を返済していくことになります。
これは証書貸付と変わりません。カードローンが便利なところは、余裕がある時には返済日以外にもATM等で返済することができるという点です。
そうすることで利子の負担が少し軽減されます。もちろん返済した後また枠内で借入することもできます。
証書貸付も繰り上げ返済はできますが、銀行窓口に出向いて手続きをしなければいけませんし、またお金が必要となれば再度申し込みをして手続きをしないといけなくなります。
そういった面でも、カードローンは非常に便利なものと言えます。

いろんな商品を知って賢く借り入れをしましょうあまり借入れに縁がない人にとっては、住宅ローンや車のローンのような証書貸付以外の借り入れは未知の世界であり、急な出費の時などに借り入れをする際は不便を感じることがあると思います。
今ではカードローンは知られるようになりましたが、やはりわかりにくい点も多々あることでしょう。
カードローンを賢く利用して豊かな生活を送っていただければと願います。

ネットバンクのカードローンは低金利が魅力の一つ

銀行と言えば、全国各都市に実店舗を構えた大手都市銀行や地元に馴染み深い地方銀行などが圧倒的に有名です。
しかし最近ではインターネット・バンクも広く普及してきましたので、たとえ実店舗を持たないので目立たないネットバンクでも、列記とした銀行として一般にも受け入れられるような時代になりました。

そんなネットバンクにも、魅力的なカードローン商品が数多く存在しています。
しかも実店舗を持たない分、経費削減が進んでいて低金利の商品が多いのです。
カードローンの利用者にとっては、とにかく低金利は非常に大きな魅力です。
それゆえ銀行カードローン探しにおいては、ネットバンクのカードローンも有力な選択肢の一つと言えます。

ただし、ネットバンクのカードローンにもデメリットはあります。何だかんだ言っても、やはりネットバンクの社会的信用力は大手都市銀行などよりも少し低いので、利用者の中にはネットバンクの商品を敬遠しがちな人も中には存在するのです。

口座を持っていなくても借りられることが多いです

銀行系カードローンを利用する場合に、まず考えることは、その銀行の口座を持っていなくても借りられるかどうかだと思います。
しかし、実際には、その銀行の口座がなくても、利用できることが多いです。
それについては、サイトなどに説明されていることが多いです。また、直接きいてみることもできると思います。
心配な場合には、まず確認するといいでしょう。

どの銀行もカードローンの契約をたくさん獲得したいと思っています。
そして、他行の顧客にもカードローンを利用してほしいと思っているのです。
そのような理由からも、口座を持っていなくても、利用しやすいと考えられます。
カードローンというものは、銀行にとっては、大きな収入となるのです。そして、契約数は多ければ多いほどいいのです。
もちろん、収入状況などの審査は必要です。
でも、きちんと定収入がある人ならば、比較的簡単に利用することができると考えられます。
上手に利用すれば、充実して生活に結びつくものなのです。

一括審査で自分にあったカードローンを調べましょう

気になる審査の中身についてカードローンを申し込むときに審査の結果が気になる方は多いはずです。
万が一、落ちてしまったらと思うととても不安になりますよね。

とはいえ、実際に申し込むまではその結果はわかりません。
覚悟と決める以外ないのですが、ある程度の情報があると便利ですよね。
特に、機械によって判断されるといわれている借り審査までの情報があれば便利だと思いませんか。
とはいえ、借り審査の機械的な内容はどれも企業秘密になります。

完全に情報を公開してもらうことは難しいでしょうし、公開してもらったとしてもその基準がいつ変わるかはわかりません。
以上のことからわかるように、審査の基準を個人で調べることはとても難しいのです。
であれば、審査の内容にこだわらず自分にあった企業を選んでサービスを利用したいですよね。
そうすれば、納得をして審査を受けることができるはずです。

まずは利用したい一括審査カードローンを利用する会社を選ぶサービスとして、インターネット上に一括審査というものが存在します。
このサービスでは、申し込みを行う前に、自分にあったサービスがあるかどうかをシュミレーションできます。
現在ではたくさんの会社がカードローンを提供しています。

どの会社も自社サービスの提案には一生懸命ですが、消費者が求める情報を提供しているかといわれると少し異なることもあるようです。
つまり、自分にあったサービスを選ぶことは予想しているより難しいことなのです。
こんな時に便利なのがサービスを絞り込める一括審査です。
一括審査を利用すれば、匿名で自分の情報を入力することにより、適したサービスの絞り込みを行うことができます。
ある程度の個人情報を入力するので、事前審査としては有効といえるでしょう。

一括審査を利用しておけば申し込みが楽になる一括審査を利用すれば、大まかにではありますが事前にどのようなサービスが適しているかをシュミレーションすることができます。
もちろん、シュミレーションなのでその結果が必ずしも反映されるというわけではありません。
しかし、だいたいの予想がつくので、的外れな審査を申し込む心配は少なくなるはずです。
一括審査は事前にカードローンのめどをつけるために有効です。
一括審査を利用すれば、むやみやたらに審査を受け続けることが少なくなるといえるでしょう。
無駄な鉄砲を撃ち続けるより、自分にあったサービスを探してから申し込みを行ってみてははいかがでしょうか。